井上雄彦 最後のマンガ展

2008年東京・上野の森美術館で開催された「井上雄彦 最後のマンガ展」は、彼の作品「バガボンド」をモチーフにした140点もの肉筆画を公開したものでした。

大好評だったこの展覧会は、その後、熊本県の熊本市現代美術館、大阪府のサントリーミュージアム天保山、宮城県のせんだいメディアテークでも開催されました。1人の漫画家の作品が、この規模で取り上げられことは稀なことです。

「スラムダンク」で国民的人気を博す

そんな井上雄彦の出世作は、バスケットボールを題材にした「スラムダンク」でした。週刊少年ジャンプで連載されたこの作品は、国民的な人気を博することになり、後にアニメやゲームにもなりました。そして宮本武蔵を題材にした「バガボンド」によって、彼の評価は漫画という枠を超えることになりました。